歯石除去をする | 歯っはっはと笑える良い歯づくり|治療方法でいつでもきれいな歯

歯石除去をする

器具

口の中を清潔にすることは

誰かに、「あなた、口が少しにおいますね」と言われることはめったにありません。「私、くさいですか」と他人に聞くこともまずありません。その結果、多くの人はあるかどうかわからない口臭に悩むことになります。口臭とは、第三者がくさいと感じるかどうかという主観的であいまいなものです。客観的な数値を知りたいのであれば歯科医院などで口臭検査をする必要がありますが、歯科で検査した患者さんの半数はまったく問題のない程度です。「生理的な口臭は誰にでもある」口のにおいそのものは、誰にでもあるものです。口の中は新陳代謝が活発で、日々細胞が生まれ変わり、古い細胞ははがれ落ちて口の中や舌の上にたまります。食べカスなども加わります。

定期的に歯科医で歯石除去を

これらの多くはたんぱく質なので、口の中にすむ数百億の細菌が分解を始め、「揮発性硫黄化合物(vsc) 」という不快なにおいの硫黄ガスを発生させます。これが口臭の原因です。この程度の口臭は「生理的口臭」といわれ、飲んだり食べたりすると消える程度のものです。また、ニラやニンニクを食べたあとの口臭も、時間とともに消えてしまいます。問題は、歯周病などの病気があるときです。「歯科医院で歯石を」口の汚れを長時間放置すると、歯の表面や隙間に歯垢がつき、「嫌気性菌」という悪質な菌がすみつきます。その菌が吐き出す毒素によって、歯肉が炎症を起こし、歯槽骨が破壊され、歯ぐきからは血や膿も出ます。嫌気性菌を取り除くために、日々の歯みがきで歯垢を落とし、定期的に歯科医院に通って歯石を取り除いてもらうことが重要です。